忍者ブログ
TOP PAGE MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
アーケードゲーム中心のつれづれ http://sanechica.blog.shinobi.jp/
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



携帯サイトでは公開していた声をPCユーザーにも公開しよう!
今回は、そんなテーマで送ります。
読み上げているのは、以前公開した自作の詩です。
※MP3データですよ!

拍手[0回]

愛とか恋とか 何度も語るけど
本当に欲しいのは そんな言葉じゃない

抱きしめる胸の熱さと 高鳴る鼓動
誘われる眼差し 堪らない想い
本当の恋愛 すれ違う現実

一人の時間と 降り注ぐ愛の言霊
会えない寂しさ たすけて下さい

夜毎の想いは 降り積もる雪原
あなたの声に 涙していた
雪解けの時は 再会の未来に

待ちこがれた時よ 再会の瞬間よ
あなたの笑顔に たまらず抱きついた
再び動き出す レンアイの時間に
幸せの瞬間 ゆるして下さい

抱きしめる胸の熱さと 高鳴る鼓動
誘われる眼差し 堪らない想い
本当恋愛 今という現実

拍手[0回]

あなたに恋して 心は高鳴って
吐きだした想いは 口付けに奪われ
涙する私に あざやかな笑顔を
抱きしめたその手に ささやくは恋唄
今この瞬間に 走り出せ恋心

始まりの瞬間は 恋の言霊
灼熱の想いは 世界のすべてに
進み行く未来に 永遠の誓いを
二人の未来に 幸いの願いを
今この瞬間に 燃え上がれ恋心

恋する瞬間に 揺さぶられる魂(ソウル)は
地上に蔓延る 快楽の魔法

拍手[0回]

止まっていた時間は せつない思い出
痛いほど想ってた 不自然に笑ってた
容赦ないあなたの あざやかな笑顔に
ごまかせない想いは 一瞬で風のように
二人を巻き込み 時間よ動き出せ

キスした瞬間に はじけ出す想いで
風は吹き抜けていく 時間よ流れ行け

覚醒の瞬間 いざなうあなたに
ありのままのわたしに あざやかな微笑み
かつてない快感と 致命的な恋の病
進んでゆく時間は このまま永遠の
地上に吹き出す 恋の嵐になれ

拍手[0回]

キスした瞬間 君は涙流した
ためらう僕に 君は微笑んだ
昔の恋愛 甦る想い
曖昧なままで 僕は恋しない

人混みに飛び込み 振り返ることはない
せつなさを振り切って まっすぐ止まらない
それでも信じてた いつまでも願ってた
僕は一人じゃない 君は追いかける

再び動き出す 恋愛の時間(トキ)を
真夏の砂浜 波間で囁き
愛する君と 二人だけの夕焼け
二度目の瞬間 ありのままの笑顔を

二人の瞬間 続いていく時間

拍手[0回]

曖昧な笑顔と 囁いた言葉
本当の願いと 本当の口付け
予測不可能な幼さに
ひたすらかけた

憧れのあなたと 憧れの恋をして
夢見た時間は 土砂降りに消え失せ
雨上がりの街並み 
涙でにじんでいた

追いかけた未来と 振り返らない過去を
笑っていたあなたと 泣いていた私
すべてを巻き込む
恋愛の嵐に
「カイカン」感じてた……

拍手[0回]

彼は大気による質量を
全身に感じて生きている

彼は大地による質量を
全身に感じて生きている

生まれ出たその瞬間から
拘束され続ける質量に

――幾千年

反逆を続けた

彼……それは人

彼が憧れるは
「空」そして「宙」

そこに至るに
必要だったのは……

大気と大地の質量と
「至る」という
質量なき強い意志

拍手[0回]

この広い宇宙の中に
世界のまん中は
無数にあって

この広い宇宙のなかで
世界のまん中は
ただ一つだけ

生きとして生ける
すべてに……

己が世界が存在し
そのまん中は
ただ一つだけ

あなたの世界のまん中は
どこに在るのでしょうか?

拍手[0回]

かつて憧れたその世界は
華やかだった。
今立ち入ったその世界は
くすんで見えた。

見つめた先の憧れは幻だったのか
世界を映す心が失われたのか

信じていたものは失われ
明るい未来を信じえない

それでも時は止まらず
流れゆく時に追い縋る

失われた世代
――それが
彼らに与えられた称号

拍手[0回]

あなたに望まれるままに
生きてきました
あなたの理想の元に
生きてきました
時を経て、
あなたの愛はふりそそぎ
周囲に溢れるは
「幸せ」の言葉

自己否定をして
生きてきました
自分の心を閉ざして
生きてきました
時を経て
秘めた想いの密度は増大し
生み出されたのは
「想い」の足枷

私が私であるために
私の未来を生きる為に
想いの枷を外すは
「不幸」でしょうか?

拍手[0回]

未来の見えない閉塞感に
心はカラカラだった
自由の翼をもがれても
安穏と生きる今を
手放せなかつた

希望にあふれる君が
まぶしくて
未来を夢見るあなたが
羨ましくて
ふいに一人
己の存在理由を考える

輝ける未来の
保障はナイけれど
幸福な未来の
保障もナイけれど

それでも、ただ――
未来に通じる「何か」を
変えたくて
庇護された
ガラスの壁を打ち破る

後ろ髪を引かれる心はある
案ずる者への心もある

それでも……一歩
未来へ私は踏み出した
広がる世界は
今――――
この瞬間に動き出す……

拍手[0回]

「あなたの心はどこにありますか?」

ある人は胸に手を添え答えました。
「心臓が動いている間しか、
私は存在しないから……私の心はここに」

ある人は頭を指さし答えました。
「愛しい、嬉しい、悲しい、
全ては、思考することによって感じられるから」

ある人はただ微笑みました。
「私の心は、私の人生の中で
めぐり会ったすべての人の記憶の中に……」

「あなたの心はどこにありますか?」

拍手[0回]

人間は意思疎通の為に言語を編み出した
言語は誕生した瞬間から
世界最強の殺人兵器として君臨し続ける

幾多に分岐した言語は
意思疎通不全を引き起こし
本来の意味を忘れ去り
鋭利な刃物となって心を切り裂いた
世界を崩壊させる事さえできる
最強の兵器となった

それでも……人間は
言語を手放さなかった
何より孤独を嫌うから
すれ違い、攻撃し、傷つけあっても
愛しい、嬉しい、哀しい心を
あなたに伝えたくて

その攻撃性を黙殺し
幾多の時代を経て今に至る
傷つけたい衝動により
戦争はもたらされ
たまらなく愛しい心により
平和は訪れる
繰り返される歴史の果てに開かれるのは……

どんな時代となるのだろうか……

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
 ByFilm